カテゴリ:


以前にシーンの統一性に関する記事を掲載しました。
今回の記事は、それから派生するような内容になっています。

■シーンの「差分」

『SEQUEL』シリーズではシーンの統一性を守るため、
一つのCGに対して必ず二つのシーンが存在していました。
しかし『アサイラム』では差分のシーンの数も統一する必要がありません。

2020-2-2
端的に言うと、今作は基本CGの枚数に対して差分の数が多い傾向にあります。
また、いくつの差分があるか統一されていません。
例として、公開中の体験版に実装されているもので言うと、
「桃色の香炉」を使用して発生するシーンは淫乱度に応じて内容が三種に分かれます。

ミニシーン
前作である『SEQUEL colony』にはミニシーンというものが存在していました。
『アサイラム』にも同じようなものはありますが、若干趣が異なります。

2020-3-2
過去のミニシーンはシーンに使用されたCGを利用した小さなHイベントでしたが、
今作のミニシーンは既に発生したシーンの簡易版という位置づけです。
上の項目と同様に「桃色の香炉」を使用して発生するシーンを例にすると、
条件を満たした時に初めて該当のアイテムを使用すると専用のシーンが発生し、
それ以降に再び使用すると、ほぼ同様の内容のものが短縮されて発生します。

過去のミニシーンと同様のものも実装される可能性は高いですが、
シーンの詳しい内容についてはまだ未定の部分も多いので、
どうなるか断言することはできない状態です。



※次回の更新は4/1(水)の0時頃に行う予定です。