カテゴリ:


今回は『SEQUEL colony』の拠点での交流における成人向けの要素をご紹介します。
前回の記事はこちらです。

■交流の中で

拠点で発生する成人向けの要素は大きく分けて二種存在します。
以下より、その両方をご解説します。

シーン
シーンはキャラクターとの交流において自動的に発生するものと
特定の条件を満たすことで発生するものがあります。
いずれも大なり小なり話の流れが存在するため交流の中では一度しか見れませんが、
解放後は専用のマップで何度でも回想することができます。

53

回想用のマップではシーンの発生条件を確認することもできます。
一部のシーンは実際に発生する場所でもそれを確認できますが、
こちらでしか発生条件を見れないシーンも存在しています。

フリーシーン
シーンとは別に、何度でも発生させることができるちょっとしたHイベントが存在しています。
それらを前作『SEQUEL awake』ではミニシーンと呼称していましたが、
今回はその中の一部をフリーシーンと表現します。

54

フリーシーンは交流を進めると対象のキャラクターから閲覧することができます。
ここで選択できるシチュエーションは既に発生したシーンのもののみです。
シーンを発生させるほど(=交流を進めるほど)できる行為が増加します。
一部、交流では発生しないシーンが増加の条件になっているものもありますが、
基本的には仲良くなればなるほどいろいろなことができるようになります。

フリーシーンの内容は一つ一つは短いですが、連続で再生させられるという特徴があります。
また、途中で行為を変えることも可能です。

SSb

更に、行為を続けると内容が変化する場合があります。
これらは既に公開している体験版でも確認できますので、
ぜひ実際に確かめていただければと思います。

ra2

体験版では確認できない要素としては、特定の条件を満たすと、
フリーシーンの閲覧をやめようとしてもやめてくれないことがあります。
無理矢理されたい方にお勧めの要素となっております。

フリーシーンを連続で閲覧すると対象からの欲情度が馬鹿みたいに上昇していくため、
内容はさておき、そちらを目的とする場合も有用です。

ミニシーン
上記の通りミニシーンはいくらか強化されてフリーシーンとなりましたが、
前作にあったようなミニシーンも一部に存在しています。
これらは自ら発生させられず、自室で一人で過ごした時などに偶発的に発生します。

55

■ここまで

交流要素の記事はこれで終わりです。
今回はHイベントのご紹介が中心となりましたが、
これら以外にもちょっとした日常イベントなどもあります。
前作と同等の内容を前作よりも快適にお楽しみいただけると思いますので、
ぜひともご期待ください。